HOME > 事業内容> バイオトイレ事業

バイオトイレ事業

“バイオトイレ”とは、微生物の力を利用して排泄物の悪臭を抑え、分解させるトイレのことです。 常に処理を続けているので排泄物は溜ることなく、汲み取りなどの後処理の負担が軽く自然環境にも配慮した自然循環型トイレとしても注目されています。


バイオトイレの特徴

  • 排泄物を微生物の働きで分解・減容させるので、
    排水や汲み取りの必要はありません
  • 排泄物を短時間で分解してしまうので、
    いつも清潔です
  • 微生物の力で排泄物の悪臭を抑えるので
    臭いが気になりません
  • 電源さえあればどこでも設置OK。
    面倒な電気工事は必要ありません
  • 水は必要ありません
  • トイレットペーパーの投入もOK
    (ティッシュペーパーは不可です。)
  • 排水や汲み取りの必要がないので、
    二次的な問題も発生しない環境にやさしいトイレです。




バイオトイレの仕組み




▲ページトップに戻る