健康長寿の秘訣は「同時に食べる」


 健康食品ブームによって様々な機能性物質が研究開発され、商品として提案されています。それはそれで一つの考え方です。
 しかし、人の健康は総合的な食生活によって支えられているという「生命活動の原則」から考えると、特定の物質を抽出して利用する考え方とは別な考え方が必要になってきます。 特に「健康長寿」を求める場合、総合的に健康食品を求め、まとめて同時に食べ続けることが必要になってきます。これは、特定の物質を抽出して利用する健康食品とは異なる発想です。


健康長寿社会を支えるのは融合食品

 人の生命活動は、多様な機能が相互に作用して総合的に働いています。こうした総合的な作用に着目した健康食品を融合食品と表現しています。 約25年に渡って、青パパイヤの加工食品の研究開発に取り組んできました。
 基本方針は、機能性物質を抽出して利用する考え方ではなく、「融合食品」として完成することでした。 したがって、今までの健康食品とは全く異なった発想によって製品を完成しています。

融合食品のイメージ例/バイオジェニックス

健康長寿を実現するには、融合食品を継続的に食べ続けることが大切です。そのためには、古くから多くの人が食べ続けてきた食品素材にこだわる必要があります。 そして科学的な分析によって機能性物質を明示し、安全・安心の食品として完成することが求められます。




「青パパイヤの研究」前へ←         →次へ「第三者機関による評価」